つかぽんは感情で動く

30代IT屋 1児の父。

北海道2泊3日旅~旭山動物園編

ようやく旅のメインディッシュにたどり着きました(笑)

いざ旭山動物園

行きは旭川グランドホテル前(と言っても道一本隔ててますケド)まで来てくれるハッピーライナー号で向かいます。普通の、ツアーで使うようなバスがお出迎えしてくれましたがお客様ガラガラ。。。3組くらいしかいなかったかな。道もガラ空きなので、20分程度で旭山動物園前に到着。早っ!!9:30開園だったのですが、9:00に着いてしまいました。30分、開園前だと何もすること無い。。。(-。ー;)

車も無いので寒空の下(0℃)待ち続けることに。。。そんなのは嫌だ!!と近くの喫茶店へ。40人くらい待ってるのに、誰も喫茶店入ろうとしないんだよなぁ。風が凌げるだけでもとてもありがたい~♪ホットコーヒーを飲みつつ開園を待ちます。

f:id:hotatetsuya:20151111225314j:plain

待ってる間に動物の被り物のお土産を試してみたりして楽しかったです。トイレは無いので、開園まで待つとキレイなトイレ、待てないなら門外の普通のトイレへ。

メインはペンギン・アザラシ館

開園して、白熊モニュメント前で写真を取ったりしつつ、ペンギン館へ。ペンギンのエリアにある水中に人が通れるトンネルがあり、水の中からペンギンを見ている感覚になれます!!すごいスピードでペンギンが泳ぎまわっています。

f:id:hotatetsuya:20151111225316j:plain

f:id:hotatetsuya:20151111225322j:plain

イワトビペンギンの眉?が凛々しかったのとキングペンギンの親子の大きさに驚いた。そしてよく鳴く。茶色い毛玉が子供キングペンギン(プリンスペンギン?)です。

f:id:hotatetsuya:20151111225329j:plain


ペンギンのもぐもぐタイムでは、ショーというより、ペンギンの生態を教えてくれる解説会のような真面目な内容。ただ、ペンギンにとっては餌の時間なので、飼育員に颯爽と群がり、満腹になると寝床に戻るという自由気ままなペンギンの姿が見れました。柵ひとつ隔ててすぐのところにペンギンが歩いてて、その大きさと距離の近さに驚きます。。


アザラシ館では、ゴマフアザラシ(ゴマちゃんだね!)の水槽が縦にトンネル状になっており、通り抜けるアザラシを観察できます。おっきいアザラシがとおりぬけるのを娘ちゃんは目で追えてました。そのうち、水槽に張り付いてみるようになるんだろうなぁ。。楽しみ。

f:id:hotatetsuya:20151111225605j:plain

アザラシのもぐもぐタイムも、ほぼアザラシの生態を教えてくれる内容で当のアザラシは飛び交うイワシをキャッチする時間でバクバク食べて冬に備えてました。バケツ1杯分は食べてたようにも見えます。。

そのほか、シロクマ館などいろいろありましたが、レッサーパンダ、キリン、フクロウの展示は可愛くて見ごたえありましたね。フクロウなんて、まずどこにいるか探さないといけないし!(ぱっと見、檻がもぬけの空に見える。天井に張り付いてたりする笑)

f:id:hotatetsuya:20151111225633j:plain

f:id:hotatetsuya:20151111225634j:plain

都内の動物園と比べて、動物との距離が近いことにとても興奮しましたね。動物も常に動きがあり、とても親近感が沸きます。柵も低く「逃げ出してくるのでは?」とドキドキしてしまうほど。。オランウータンなんて空中散歩してたしね。落ちてしまうのではとヒヤヒヤしました(絶対落ちなさそうだけど)。

朝は寒かったですが、日中は晴れて6℃くらいまで気温も上昇しました。坂も多く園内を回るだけで体が暖まりました。風が吹くと寒いけど防寒着で体温調節しやすい温度でしたね。意外とオススメできる時期なのかもしれないです。

また娘ちゃんが大きくなった頃(3歳くらい?)に遊びにきたいですね。違った反応が見れるのではと今からわくわくしてしまいます。

次回は、札幌のホテルと総括です。

 

hotatetsuya.hateblo.jp