つかぽんは感情で動く

30代IT屋 1児の父。

新しい個人名刺を作ろう(前半戦 名刺に載せる情報整理)

f:id:hotatetsuya:20160105235539j:plain

年明けから人と会うことが多くなりそうです。連絡先交換をスムーズにしたり、どうせなら次につなげたい。

なので、プライベートの名刺を作ろうと準備しております。

名刺を作るまで

  1. 載せる内容を準備
  2. イラストを準備(外注)
  3. 名刺発注会社を選定する
  4. デザインを準備
  5. 名刺を発注(外注)
という流れでやっていきます。
各工程の作業を確認したところ、名刺発注のデザイン入稿がかなり面倒そうなことが判明。。。(^◇^;) イラストレーター形式で入稿、とか完全に一般人お断りじゃないですか!名刺デザインで高額取れるわけだわ。
まずはそんなに費用をかけることを考えないで、フォトショップ(昔の)で版を自分で作りますかな。妻の分も作るんですよね。時間ないからサクッとイメージ決めて夫婦でレイアウトはお揃いにしよ。
イラストレーター・フォトショップ使えない場合は外注だよね。。だいたい1件5000円くらい。

イラスト外注はココナラってサービスで検索したよ

ココナラは、500円からのクリエイターマッチングサイト。似顔絵、とか、サイトデザイン、とか低価格で依頼できます。まぁ、玉石混交な面はありますけど、安くてクオリティ高い掘り出し物(人?)を見つけるのが楽しいです。
Facebookアイコンと名刺用に似顔絵依頼しました。500円でやってもらえるなんて良い時代ですよ、ホント。
妻の似顔絵もあわせて依頼してます。楽しみ。

お願いしたイラストレーターさんは麻理さんです。お仕事速いし、クオリティ高いし、オススメです。

イラストレーター 麻理さんのプロフィール | ココナラ

まずは名刺に載せる内容を決める

名刺を渡す目的としては、まず顔と名前を印象付ける。コレに限ります。(それ以上に商品とかビジネスとか今はないからね。。)なので、載せる連絡先情報は最低限でいいなと考えてます。下の項目を載せることにしました。
■表面
  • 本名
  • 似顔絵
  • 連絡先(Facebookリンク、メールアドレス、ホームページ)

■裏面

  • 簡単な自己PR文

さて裏面のPRは、どういうアピールにしようか。特にビジネスしてるわけじゃないから伝えたいことが固まってないんだよな。。でも、自分の見せ方をちゃんとプランニングしないと機会がもったいない。どういうものをお手本にしようかな。

 まずは自分のことを知ってもらう、ということを念頭に文章を考えよう。乗せるテーマはこんなのを選びました。

  1. ニックネーム (親近感を持ってもらう!)
  2. 経歴     (共通項を見つけて話のきっかけにする!その1)
  3. 夢      (どんな人生の目的がある人か知ってもらう!)
  4. 趣味     (共通項を見つけて話のきっかけにする!その2)

文字多すぎると逆に読んでもらえなさそうなので、適度に情報量を絞りつつ。会社名は入れないことにしました。(必要があれば会社名刺を出せばいいし。)

名刺発注する会社を探す

デザイン名刺を簡単に作れる会社はありましたが、やっぱりレイアウトがしっくりこなかったりするわけです。そうなると、冒頭で書いたとおり、イラストレーターでの入稿ということになってくるんですが。。自分はフォトショップは使えるんですが、イラストレーターはどうも苦手で、テンプレートを見てもハテナが浮かぶばかり。。。

ですので、フォトショップで作成したPDFデータを入稿できる印刷会社を探しました。

余談ですが、印刷会社っていろんなものをオリジナルで発注できるんですね。メニュー多いです。名刺のほかにも不織布バッグとか作ってみたい・・・(どうするんだと言うツッコミはおいといて。。お買い物袋って、いくつかあってもいいじゃない??)

ここなら、作成ガイドにのっとったPDFであれば入稿可能と言うことで、こちらに決めました。名刺100枚で、1000円行かない程度。紙質も選択肢は少なくないので良いと思います。透明とかは無いよ。

PDF入稿についてのリンクをまとめて貼っておきますね。

PDF入稿データ作成 - 印刷通販なら印刷専門サイト【アドプリント】

後半に続く

 後半では、利用した似顔絵と、それを使った名刺イメージ、そして仕上がりについて記載します。いろいろ調べてやってたので1週間くらいかかってしまった。。